川又司法書士事務所

まずはお気軽にお電話ください。 029-302-5931 受付時間 10:00~17:00 (土日祝除く)

よくある質問

川又司法書士事務所では、相続問題・相続放棄、会社登記や不動産登記、家族信託などでのよくある質問をまとめました。
皆様のお悩みの解決の一助になればと思います。詳しくは下記よりご覧ください。

故人に借金があります。相続放棄できますか?
当事務所は相続放棄の手続きサポートを行っています。原則として3ヶ月以内のお手続きが必要となりますのでお早めにご相談ください。
遺産をすべて妻に相続させたいと思っています。他の親族が納得していれば遺言書は用意しなくても大丈夫ですか?
残念ながら、被相続人がお亡くなりになった後、関係が悪くなってしまい問題になるケースがあります。そのような場合、財産を貰う人が1人で手続きが出来るように効果的な遺言書を用意しておく必要があります。残されたご家族の負担を減らしたいという思いがある場合、遺言書を作成することをおすすめします。
相続人のなかで、疎遠な人物がいます。それでも相続手続きはできますか。
まずは、お客様からのお話をじっくりと拝聴して、どのようにアプローチするのがよいか一緒に考えさせてください。
お客様に、ご同行いただく、小職が様子を見にお伺いする。
絶対にうまくいく方法というものはありません。
ただ、ベストを尽くすことを誓います。
恐縮ですが、他所で進まなかった相続手続も、弊所で解決できたという実績もございます。
杓子定規な説明ではご納得いただけません。
何が問題になっているのか、今何を行わなければならないのか、を状況に応じて、自分の言葉で説明する必要があります。
全てがうまくいくということはありませんが、ご縁がありましたら、お声がけください。
役員の変更登記をやってなかった、何から手を付ければよいか分からない。
登記は、真実を写す物語であるという言葉があります。
弊所では開設以来、「登記を通して、お客様に元気になっていただく」をモットーに登記の業務に励んでまいりました。
このまま放置していると過料が来る可能性があります。
今一番必要なことは、早く登記を行うことです。
お近くの司法書士にご相談いただくか、弊所までご一報ください。
会社の登記は司法書士なら誰でもできます。
ただし、どういう風に手続きを行うのが一番良いかについては、考え方に違いがあるかもしれません。
「全てはお客様のために。」という思いでお手伝いいたします。
父との記憶がないが、父が死亡した知らせが市役所から届いた。相続放棄をすべきか悩んでいる。
ご愁傷様です。
弊所では、相続放棄のサポートを行っております。
放棄すべきか否かについては、お亡くなりになった方の財産の状況、相続人の方との関係性、
お亡くなりになった方のご親族の状況等、総合的な判断が求められます。
遠方の裁判所でも、郵送で相続放棄が可能です。
相続放棄を選択いただくのはお客様ですが、弊所では、放棄すべきか否かについても一緒に考えさせていただきます。
相続放棄するしないにかかわらず、お客様の幸せを第一に行動します。
相続人は全員県外に住んでいるが、実家の処分に悩んでいる、相続登記はお願いしようと思うが、その後はどうしたらよいでしょうか。
弊所では、相続登記を行うことだけが我々の仕事とは考えておりません。
相続する前にお客様が相続登記後にどうされたいか、どうすべきかを一緒に考えさせていただきます。
仮に、ご実家を継ぐ方がいない場合で、処分をご検討される場合は、不動産業者から見積を取り、いくらで売却できるかをご案内いたします。
場合によっては、不動産売却後に売却代金を相続人に分配する、いわゆる換価分割の手続をご提案させていただく場合もございます。
どのような分け方がよいか税務的な検討が必要な場合は、最短当日中に、税理士の先生にご同席いただき打合せを行ったこともありました。
弊所の強みはスピード感です。よろしくお願いいたします。

お問い合せ